リハビリ中

晩夏の頃から立ってタバコを吸うことが億劫になって、頭も体も萎えていて、このままでは寝たきりになってしまうと思ってリハビリを意識している。とにかく外出。歩数を稼ぐ。人間が生まれてから死ぬまでにトータルでもっともカロリーを消費する運動は歩行である。

 

最初は浦和競馬でも見に行こうかと思ったのだけれど、無観客開催中で断念。ただなんとなく「浦和」の日かなと美術館の予定を覗いてみると

 

f:id:hdr2:20210923153652j:plain

 

でも顔がいいんでしょ。行かないという選択はほとんどありえない。

 

江戸時代から令和に至るまでの「美男」「美少年」を描いた作品を集めた企画展。歌川国芳の浮世絵と竹宮恵子のカラー原画が同じ展覧会で並んでいやがるの。

美少年という概念に沿った作品では、偉丈夫とは異なりやはり性が分化する前のイノセントさ、未成熟だからこその色気みたいなものを取り入れた作品が(江戸時代のものでも)多く、そういう意味では現代でも共感できる、時代性に左右されない魅力というのは女性画よりもむしろ男性モチーフの方があるのかもしれないと思った。 高畠華宵の雑誌「日本少年」表紙の義経(分からんけど多分義経)が出色で、塗りから構図から、2021年にpixivに出ていてもランキング入りするんだなあ。伊藤彦造「阿修羅天狗」もそうだけれど、いわゆる漫画絵と、イラストレーションが合流したのがずいぶん後になってからで、後者の源流は戦前にさかのぼれそうだと思った。

 

美術館の前後に、評判のいい北浦和の酒屋で「つきよしの」*1を買ってみたり、「調」と書いて「つきのみや」と読ませる神社に兎を見に行ったりした。浦和の調ちゃんってここに由来してるんですね。ということは浦和市民にはかなりおなじみの神社なんだな。

f:id:hdr2:20210923141607j:plain

狛犬のかわりにウサギが置いてあるのは鳥取の白兎神社でも見たけれど、手水を口から吐くウサギはどうなんだ

Twitterは特に意味もなくツイートと閲覧を中止している。とにかく閉塞感がひどいので、なにからなにまで試しに変えてみることを第一義に。Twitterやめたら4年ぶりに小説書き始められた。もうやめるか(笑い)。月末だか二週間後だか一万字書いたらかは知りませんが適当なところで戻ります。

*1:青山吉能ロング派

まる一カ月脳の調子が悪かった

本当に頭のコンディションが最悪に悪くて、思考にかかった霧が晴れないまままる一カ月経った。

 

迷宮街のグレイスが一区切りついた土曜日。本日は本当に珍しく10時に起きられ、かつ洗濯やシャンプーの買い物などを午前中に片付けられたので、午後は今年やりたいことリスト筆頭に挙がっていたWUGスロを打(ぶ)ちに街へ出た。

www.dlsite.com

パチンコ屋さんは5年くらい前に職場の先輩に連れられてきりで、スロットに限ればポケモン緑でポリゴンを交換して以来だったので、まるで遊び方が分からない。しかも一番安いレート(5スロって言うんですか?)だと思って打っていた台が実は10スロで、8000円も使う予定はなかったのでこれは失敗だった。田中美海でも打てるスロットならもっと遊べると思ったんだけどなあ……。

 

カノジョも彼女12話観た。シネスコがツボにはまってしまい腹の筋を傷めた。新しいことも力の入った画もほとんどなかったんだけど、演出と撮影でコメディアニメーションとして走り抜けていて非常に好感が持てる。少ない戦力*1を運用でカバーする作品が好きなんですよね。ブレンパワードに通じるところがある。

 

駿河屋の見積もりが返ってくる前に未読のライトノベルをせめて2冊はやっつけないとバカらしいので、明日は1時間、せめて30分は読書の時間を設けたいと、今、この瞬間はそう思っています。

*1:邪悪用語

2012年8月17日 火曜日 雨

仕事はなんとか帳尻を合わせた。やってます感を出したとも言う。

 

昨日は3時ぐらいまで起きてしまって結局睡眠リズムが逆戻り。それもこれもラブライブスーパースターが悪い。

ラブライブスーパースターを4話まで観ました。すごく素朴にいいなって思う。突拍子もないことはやってないんだけど、なんていうか、地に足の着いたラブライブという感じ。欧陽菲菲ちゃんが狂言回しになっていても行動選択が逸脱していないというか。今のところお前アージュかよみたいなポニーテールちゃんがこのアニメの罪と罰を一身に背負っているので、どう解決するのか。後白いの。悪口言うなよ。

 

小説のこと、頭いくないのに難しく考えすぎて自縄自縛だなと思うようになってきたけれど、踏ん切りがつかない。どこからアイデア債務整理を始めればよろしいのだろうか。

8月16日 月 体調最悪

アフガニスタン情勢の影響で腹は痛いし倦怠感もすごい。

 

聖なる鹿殺し見た。映像の息苦しさは伝わってきたけれど、不条理だなあという感じ。この不条理さはなんか社会問題の譬えな気はするけどこういう時国籍が違うといまいち意図を拾い切れない気はする。

 

庵野のドキュメンタリー再編集版見た。8年かかったって言ってるけどその間に声優やって実写映画撮ってるということを忘れないようにしたい。

 

映画

8/1 サイダーのように言葉が湧き上がる
8/5 七人の侍
8/5 MEMORIES
8/6 機動戦士ガンダムNT
8/7 ナイブズ・アウト
8/8 メランコリック
8/16 聖なる鹿殺し

 

読書

7月~8/2 戦場のコックたち
8/3~4 コミュ障は治らなくても大丈夫
8/3~4 本と鍵の季節
8/7  黒澤明七人の侍」創作ノート
8/5~8/8 ゲームの王国(上)
8/9~8/12ぐらい? ゲームの王国(下)
8/15 桜庭一樹のシネマ桜吹雪
8/15~ 小さなチーム、大きな仕事

日記溜めてる

雨のせいで精神と生活リズムが終わってた一週間でした。日記も書けなかった。

 

映画

8/1 サイダーのように言葉が湧き上がる
8/5 七人の侍
8/5 MEMORIES
8/6 機動戦士ガンダムNT
8/7 ナイブズ・アウト
8/8 メランコリック

 

読書

7月~8/2 戦場のコックたち
8/3~4 コミュ障は治らなくても大丈夫
8/3~4 本と鍵の季節
8/7  黒澤明七人の侍」創作ノート
8/5~8/8 ゲームの王国(上)

8/9~8/12ぐらい? ゲームの王国(下)

8/15 桜庭一樹のシネマ桜吹雪

 

月を折り返して

読書は速度がどうにもでないので仕方がない。月内あと5冊を目標に

映画は意外と座ってればどうにかなる(座っているのが困難)のでなんとか時間を作ってあと月内3本ぐらいは

 

金輪際競馬はやめる

死ね

2021年8月8日(土)

 

起きたの昼過ぎ。

 

映画『ナイブズ・アウト』観た。ミステリ映画。読みは外れた。伏線の張り方は丁寧。

 

黒澤明 七人の侍創作ノート 読んだ。黒澤明の真似をすれば黒澤明並みの作品が作れると思ったが、ノートの取り方が大体変わらなくて、泣いた。俺は何をやっているんだ

 

映画

8/1 サイダーのように言葉が湧き上がる
8/5 七人の侍
8/5 MEMORIES
8/6 機動戦士ガンダムNT
8/7 ナイブズ・アウト

 

読書

7月~8/2 戦場のコックたち
8/3~4 コミュ障は治らなくても大丈夫
8/3~4 本と鍵の季節

8/5~ ゲームの王国(上)